忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こういう身内に甘いお役所的な存在として弁護士会があるのなら、必要ないんじゃないでしょうか?

この日本には。


懲戒理由をきちんと理解できてないような気もします。

こうやって言葉を自分達の都合のいいように歪曲してまで身内を守る。

そんな所に懲戒請求だのなんだの自治的な役割を果たせるはずありません。


<光母子殺害>弁護士は懲戒せず 東京弁護士会が議決

11月27日12時16分配信 毎日新聞

山口県光市で99年に起きた母子殺害事件差し戻し控訴審の弁護団(約20人)の弁護士に対して、全国で懲戒請求が相次いだ問題で、東京弁護士会が「正当な刑事弁護活動の範囲内で、懲戒しない」と議決していたことが分かった。
 

続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000047-mai-soci


言葉が巧みなのは詐欺師か弁護士か。
法の目を掻い潜るのは詐欺師か弁護士か。


なんだか違いが分からなくなってきました。



弁護士会なんていらないんじゃない?
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
[司法]懲戒請求その3
<光母子殺害>弁護士は懲戒せず 東京弁護士会が議決 山口県光市で99年に起きた母子殺害事件差し戻し控訴審の弁護団(約20人)の弁護士に対して、全国で懲戒請求が相次いだ問題で、東京弁護士会が「正当な刑事弁護活動の範囲内で、懲戒しない」と議決していたことが分
URL 2007/11/30(Fri)22:15:00
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]