忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなトンデモ理論の人の意見を新聞に載せてしまう毎日新聞もどうかと思います。
この人は別にタミフルの研究者でも何でもなく単に文献やデータを元に危険だ何だと煽るだけの人だと思います。

>浜理事長は今回の解析について「タミフルを投薬された患者が服用前に起こした異常行動を、投薬されなかった患者の異常行動として扱った点が誤りだ」と指摘。

これってタミフルを処方されたけど服用してないってことだと思うのですが、それもタミフル服用に押し付けようとしてるのでしょうか。

結局は薬は害だと極端に煽って何かしらの恩恵を受けようとでもしているようにか思えません。


<タミフル>厚労省解析「異常行動が半減」誤りの可能性

1月15日2時32分配信 毎日新聞

インフルエンザ治療薬「タミフル」(一般名リン酸オセルタミビル)の服用と異常行動に関し、厚生労働省研究班(班長・広田良夫大阪市大教授)の解析が誤りだった可能性が高いことが分かった。タミフル服用患者は異常行動が半減したとの内容で先月公表したが、薬の副作用に詳しい医薬ビジランスセンター(大阪市天王寺区)の浜六郎理事長によると、服用者による重い異常行動は、服用なしの1.7倍多いという。研究班の広田教授は「偏りを除くと、服用者の方が異常行動の率が高くなる可能性がある」と話しており、詳しい解析を進めている。


続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000009-mai-soci


まぁ、タミフルは危険だからと思い込んでいる人は服用を拒否すればいいだけの話です。


因果関係が立証されていない以上、異常行動はインフルエンザ脳炎によるものだと言う可能性も大きいと言うことから目を逸らし、恐怖だけを煽り、助かる命も助からなくしようとしているのがこの毎日新聞の記事だと私は思います。


中国では鳥インフルエンザが人→人へ感染しました。
これが意味することが分かる人は何故タミフルだけが叩かれるかピンとくる人もいるかと思います。


タミフル叩きは意図的なものなのです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]