忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

裁判所ってこんなアホな判決しかできないんですかね?
まぁ、地裁レベルだと本当にアホな裁判官も沢山いますけど。


さて、この元福岡市職員の今林大(ふとし)被告(23)だけど事故当時ビール350ミリリットル、焼酎540ミリリットル、ブランデー水割り数杯を飲酒していたそうです。
お酒の強い弱いあるんでしょうけど、これだけ呑んでおいて酒気帯びだと言い張る弁護士も弁護士です。

もちろん法が不完全で抜け穴だらけなのも問題なのでしょうが。


ただこういう判決は今後ひき逃げを誘発するのではないかと心配です。


これで酒酔い運転で事故を起こしら意識がはっきりするまで逃げていれば「危険運転致死傷」に当たらないと裁判所が認めたわけですから。



人道的に最低な行為が刑を軽くするだなんてどこまでこの国はバカになって行くのでしょう。




<福岡3児死亡事故>通じなかった両親の思い 地裁判決

1月8日11時7分配信 毎日新聞

法の裁きに両親の思いは通じなかった--。福岡市東区で06年8月に起きた3児死亡事故。8日の福岡地裁判決は、愛する3人の子供を奪われた両親が最後まで念じた危険運転致死傷罪の成立を、認めなかった。大上哲央(あきお)さん(34)、かおりさん(31)夫婦は3児の遺影を胸にそろって法廷に足を運び、「お互いがお互いを思いやり、日本から飲酒運転がなくなる日を」と願いを込めながら、静かに判決に聴き入った。【石川淳一、松本光央】

「主文。被告人を懲役7年6月に処する」


続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000038-mai-soci



お酒に酔って人身事故を起こしたらとにかく逃げる。
逃げて水を大量に飲んである程度歩けるくらいの意識までもっていく。
そして居眠りしてたことにしちゃうとか脇見してことにして故意ではないと言い張る。
矛盾はあるけど居眠り&脇見運転しながらも衝突回避措置はしていたことにする。
おとぎ話が好きな人権派弁護士を雇うことを忘れずに。
そうすれば25年→7年半に減刑しちゃいましょう(by.福岡地裁)


今回の判決から↑こういう風に考える人が出てこないことを祈ります。
PR
次から次へと食品偽装問題が噴出する日本ですが、今回の給食用ベーコン偽装はその中でも悪質ですね。
ハナから騙すつもり満々の詐欺行為です。しかも学校の給食に卸す企業がこういう詐欺を働いているなんて信じられません。
この業者を選定した側の人間の責任も重いでしょう。

給食用ベーコン偽装で業者捜索=JAS法違反容疑-宮城県警

12月10日10時1分配信 時事通信

仙台市若林区の食肉卸会社「精肉石川屋」(石川里美社長)が日本農林規格(JAS)の認定業者ではないのに、自社製ベーコンに勝手にJASマークを張り、学校給食用に納入した事件で、宮城県警生活環境課と仙台東署は10日、JAS法違反の疑いで、同社本社など数カ所を家宅捜索した。
東北農政局が11月22日に刑事告発していた。県警は、会社ぐるみで偽装を行った可能性が高いとみており、偽装の経緯などについて全容解明を進める。


続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000020-jij-soci


食品偽装問題もここまできたら全て膿を出してもらいたいものです。
そして食品に関わる企業は消費者を騙したら潰れる覚悟を持つべきでしょう。


これからの世の中、嘘は何時か暴かれるもの……という風潮になって行くと思います。


ですから嘘のある企業は何時か必ず崩壊する世の中になっていくと言うことです。



信頼を裏切ること即ちそれは死を意味するという覚悟がこれからの企業に求められるのではないでしょうか。
馬鹿げたニュースだけど、世に広まる影響ってもの凄いと思いますよ。

本人は『いたずらで嘘を書いた』と保護者同伴で謝罪したそうだけど、本人や家族からしたら『いたずらで嘘を書いた』と言うしか無かったのではないでしょうか?
そういうことで会社側と手打ちしたように思えます。この話題を鎮火しようと。


「ゴキブリ揚げた」mixi日記は「事実無根」 ケンタッキーに「本人が謝罪」

12月6日12時59分配信 ITmediaニュース

「ケンタッキーフライドチキン」の元アルバイト店員だという男性が、自身のmixi日記上で「店内でゴキブリを揚げた」などと書き、インターネットの掲示板で「気持ち悪い」などと騒動になっている。運営する日本ケンタッキー・フライド・チキンは12月6日、「事実無根の内容。5日夜に本人が、『いたずらで嘘を書いた』と保護者同伴で謝罪に来た」と説明した。

日記は、数カ月前までケンタッキーの店舗でアルバイトしていた元店員が、5日付けで「(吉野家の「テラ豚丼」騒動が)おもしろすぎでしょ。バイトしてればそんなことやっちゃうよねー。ケン〇ッキーでゴキブリ揚げてたムービー撮ればよかった」などと書き込んだ。


続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000046-zdn_n-sci


ケンタッキー側としてもそんな事実は一切無かったとするのが一番なので、この元バイト店員に『嘘』と言って貰うのが一番得策です。
そして元バイト店員もここで本当にやったなんて言ったら莫大な損害賠償で一家は破滅です。

だから『嘘』と言って出来るだけ許して貰おうという方向で動いているはずです。
嘘だとしてもケンタッキー側が提訴すればそれなりに賠償問題になるかと思いますが、こんな未成年のバイトを相手にそんなことしても火に油を注ぐそうなもの。


ケンタッキー側としてはこの話題の火消しを最優先としたいはずなので『いたずらで嘘を書いた』とするのがベストの選択なのでしょう。


この元バイト君が言う『いたずらで嘘を書いた』が何に対してのいたずらなのかよく分かりませんが、頭の悪いバイトがいれば吉野屋のテラ豚丼みたいなことや今回のフライドゴキブリなんてのはあってもおかしくはないと思います。


消費者としては「ああ、いたずらで書いた嘘だったんだぁ~、じゃあ食べても安心ね♪」なんて簡単に信じられるわけありません。

もちろん今回の馬鹿げた出来事は頭の悪い元バイト店員個人がしでかしたことかもしれませんが、バイトを管理する店側にもしっかりして貰わないと消費者は安心できないと言うことです。




と、ここまで書いて何ですが、早く私の記憶からもこの馬鹿ニュースが消えて欲しい……。



クリスマスはケンタッキーって思ってたから(笑)
こういう身内に甘いお役所的な存在として弁護士会があるのなら、必要ないんじゃないでしょうか?

この日本には。


懲戒理由をきちんと理解できてないような気もします。

こうやって言葉を自分達の都合のいいように歪曲してまで身内を守る。

そんな所に懲戒請求だのなんだの自治的な役割を果たせるはずありません。


<光母子殺害>弁護士は懲戒せず 東京弁護士会が議決

11月27日12時16分配信 毎日新聞

山口県光市で99年に起きた母子殺害事件差し戻し控訴審の弁護団(約20人)の弁護士に対して、全国で懲戒請求が相次いだ問題で、東京弁護士会が「正当な刑事弁護活動の範囲内で、懲戒しない」と議決していたことが分かった。
 

続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000047-mai-soci


言葉が巧みなのは詐欺師か弁護士か。
法の目を掻い潜るのは詐欺師か弁護士か。


なんだか違いが分からなくなってきました。



弁護士会なんていらないんじゃない?
生活保護費を騙し取ってる人って多いと思うんですけど、一度審査なり何なり行政は見直した方がいいと思うのですが。

しかも暴力団の資金源として騙し取られているわけですからね。


生活保護費詐取、タクシー補助で2億円超…滝川市側甘く

11月22日14時43分配信 読売新聞

札幌市のタクシー会社役員らが、生活保護受給者が通院時に支給を受けられるタクシー料金の補助制度を悪用し、生活保護費をだまし取っていた事件で、不正受給の総額は今年10月までの1年半で、約2億3300万円にのぼることがわかった。

北海道警は、窓口となった北海道滝川市のチェック体制の甘さにつけ込み、受給者で詐欺容疑で逮捕された元暴力団組員片倉勝彦容疑者(42)らが請求額をつり上げていったとみて調べている。


続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000008-yom-soci


もちろん生活保護が必要な人の所へ支給することは大切なことです。
でもなんだか最近のニュースとか世間の様子とか見ていると本当に必要な人の所へは支給せず、生活保護を受けるコツみたいな悪知恵を働かせるような人の所へ支給しているような感じがします。


特にそこに目をつけているのが暴力団なんだから行政は生活保護について一度チェックを入れないといけないでしょう。


朝、毎日のようにパチンコ屋に並んでいる人間の中のうち数割の人は生活保護貰ってパチンコ打ってるような人間だと聞いたことがあります。


その反面、いつだったか生活保護を貰えずに亡くなった方もいたと思います。
この人は生活保護費が支給されていれば亡くならずに済んだのですから、行政の責任は重いのではないでしょうか。


こうして悪知恵を働かす人間に福祉の為の税金を騙し取られて、それでいて福祉の為に増税が必要だと言うんですから真面目に働いて納税している人間にとってはアホらしくて仕方ありません。


この騙し取られた生活保護費はきちんと返して貰えるんでしょうか?

騙し取られて誰が責任をとるのでしょう?



そして騙し取られているのはこれだけじゃないでしょ?




暴力団が日本国民のお金を騙し取っているとするのならば、暴力団は犯罪集団云々ではなく国賊扱いして欲しいですね。


日本国民の敵としてね。
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]