忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の甲子園は意外と多くの試合を観ることが出来ました。
そしていい試合が多く、かなりハラハラドキドキさせられました。

広陵監督「判定ひどすぎ」/夏の甲子園

8月23日10時5分配信 日刊スポーツ
<全国高校野球選手権:広陵4-5佐賀北>◇22日◇決勝
怒りに震えていた。40年ぶり3度目の決勝で敗れ、悲願の夏Vを逃した広陵・中井哲之監督(45)は、8回の審判の判定に本心を隠さなかった。「ストライク・ボールで、あれはないだろうというのが何球もあった。もう真ん中しか投げられない。少しひどすぎるんじゃないか。負けた気がしない。言っちゃいけないことは分かっている。でも今後の高校野球を考えたら…」。試合後のベンチで思いを吐き出した。


続きはコチラ。
http://highschool.nikkansports.com/sensyuken/2007/p-hb-tp1-20070823-0002.html


この記事を読んで、準々決勝を思い出しました。
ちなみに私、佐賀北の試合はこの試合しか観ていません。

帝京vs佐賀北の試合を観ていた時ですが、試合途中佐賀北の投手が投げる球を主審が外2球分くらい甘くストライクとっていたんですね。
まぁ、アマチュアですし審判によってストライクゾーンが若干違うのはよくあることなのであまり気にしないで観ていたのですが…。

帝京の投手は同じコースをストライクとってくれなかったんです。
そこでこの主審酷いなぁ…と思いました。

そうなってくると主審の判定に疑問を持ちながらの観戦になってしまいます。
この帝京vs佐賀北は延長戦になり、すごくいい試合だったのですが所々で疑惑の判定が出てきます。

延長になると帝京はホームでのクロスプレーが数回ありました。
いずれもアウトです。

でも私は疑惑を持ちながら観ていたので、あきらかにタイミングがセーフのプレーが一つあったと思っています。

そして結果はサヨナラで佐賀北が勝ったのですが、総括するととてもいい試合でした。

ただ主審の判定は試合を左右する場面で目立っていたのも確かです。


で、この記事を読んで改めて考えると少し作為的なものがあるのかなぁ…とか思っちゃいました(笑)


さてここからは私の勝手な妄想としておきましょう。


高野連が特待生制度のことで散々叩かれていたのは記憶に新しいと思います。
特待生の出場停止が明けたこの夏の大会、特待生のいない公立高校が優勝。

高野連としては特待生なんて関係ないと胸を張れる結果となった訳です。

これって少し作為的なものを感じるのは私だけでしょうか。


作為的なものでなく人間のミスだとしても誤審で結果が入れ替わるというのは生徒が可哀想です。
高野連のお偉いさんは私腹を肥やすばかりでなく審判教育にもお金をかけましょうね。


高野連としては生徒なんて関係なく毎年金儲けするシステムが甲子園なのかもしれませんが、高校生にとってはどの甲子園も一瞬の大切な時間なのです。


高校野球に関わる生徒達を大切にしないかぎり、いつかは見捨てられますよ。



まぁ、こんなことを書きましたが佐賀北が優勝したのは実力と運の両方を持っていたからでしょう。
そして観る人を感動させるプレーが多かったです。
準々決勝の試合終了時に観客がスタンディングオベーションで称えたのが全てです。

広陵の監督さんの気持ちも分かりますが佐賀北関係者は気にせず胸を張ってもらいたいです。

そして広陵の選手達にも胸を張ってもらいたいですね。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]