忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これって提訴した女性や子供に危害が及ばなかったからいいものの、DV夫が危害を加えていたらと考えるとゾッとします。

ミスで済まされる範疇ではなく、東京地裁や国はミスを認めるのならば賠償責任も果たすのがスジかと思います。

もちろん東京地裁職員全員の給与カットで賠償してくださいね。


<東京地裁>DV元夫に女性の住所漏らす…書記官がミス

11月30日2時33分配信 毎日新聞

東京地裁の男性書記官が今年7月、元夫から暴力を受けるとしてDV防止法に基づく保護命令を申し立てた女性の住所や携帯電話番号を、元夫に誤って知らせていたことが分かった。書記官のミスで精神的苦痛を受けたとして、女性は国に530万円の賠償を求め、同地裁に提訴している。

関係者によると、女性は02年、元夫の暴力に耐えかねて子供と家出。今年6月には、元夫が復縁を拒めば子供にも危害を加える考えと知って保護命令を申し立て、地裁は元夫に対し、女性や子供への接近を禁止する保護命令を出した。

命令への抗告のため、直後に地裁を訪れた元夫の求めに応じ、書記官が記録のコピーを許した際、女性の住所と携帯電話番号が記された記録も渡してしまった。元夫は子供の通学先に現れ、女性の携帯電話にメッセージを残し、女性宅に郵便物も送りつけた。女性らはやむを得ず、保護施設などに避難したという。


続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000017-mai-soci


あとは訴えられている東京地裁のことを東京地裁自身がきちんと裁けるかも注目しておきましょう。


前から東京地裁って時々おかしな判決下すから私は疑心暗鬼で見ていますけど。


とにかくこの問題はただ損害賠償して終わりではなく、再発防止をどうするかしっかり決めなければそのうち同じようなミスから大きな悲劇を生むのではないでしょうか。


今回ミスした書記官のようなアホな人間のせいで犠牲になんてなりたくありませんよね。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]