忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事を見る限りマスコミって謝罪会見を面白可笑しく見てるんですね。

何なんでしょう? 人が謝る行為に対して上から見下したような態度で接するマスコミって何様なんでしょう?


正直言ってこれから謝ろうとする人に対して大変失礼だし、そうやって人を謝らせて快感を得ているようなマスコミってある意味変態ですよね。



大毅 朝青龍と同日謝罪“共演”

11月29日7時1分配信 スポーツニッポン

亀田3兄弟の二男・大毅(18=協栄)が、30日にも謝罪会見を行うことが明らかになった。大毅への集中攻撃を回避することを意図したかどうかは別として、これで大相撲の横綱・朝青龍(27=高砂部屋)との異種格闘技戦ならぬ、異種ダブル謝罪会見が実現することになった。ともに騒動の影響で精神的に不安定になった2人だが、どちらがより世間を納得させられるのか――。いずれも時間無制限の亀田式で会見が行われる。


続きはコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000032-spn-spo


これはスポーツニッポンの記事ですが、こんなことを書いています。


「これもある意味、異種格闘技戦の部類に入るのかもしれない。四角いリングと丸い土俵。闘うステージは全く違う大毅と朝青龍が、場所は違えど、30日に謝罪会見という同じテーブルに着くことになった。ボクシングの反則ではないが、まさに偶然とは思えぬバッティングだ。」


何が異種格闘技戦なんでしょう?
この記者は自分で上手いこと書いたとか思ってるんでしょうか?



一応言っておきますが、亀田家の問題にしろ朝青龍の問題にしろ、すでに国民はマスコミに対して不快感を覚えているんじゃないでしょうか。


マスコミは国民を煽って叩きたいようですが、国民もそれほどアホではありません。

すでにマスコミへの不信感だけが大きくなっていっていますよ。



そろそろマスコミも自分達が裸の王様だってことに気付いた方がいいんじゃないでしょうかね。



まぁ、近頃のマスコミの頭の悪さを見ていると「気付く」なんてレベルにいないように思えますけどね。



とにかく私達はマスコミのようなレベルの低い人間にはなりたくないものです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]