忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「顧客に説明すべき重要事項にはあたらない」


……って、鉄骨不足が発覚してるのにこの態度って大名みたい(笑)

タワーマンションだけあって上から目線なのね。


販売業者ってどこだっけ?


三井不動産レジデンシャル(同中央区)、野村不動産(同新宿区)


三井さんと野村さん、そんなに偉そうな態度で許されると思ってるの?(笑)



施工ミス発覚後も販売、「不誠実だ」とマンション購入者

11月14日15時21分配信 読売新聞

千葉県市川市のJR市川駅前の45階建て超高層マンションで128本の鉄筋が不足していた問題で、事業主側が施工ミスを認識した後に販売契約を結んでいたケースがあることが14日、わかった。

販売会社側は契約件数を明かさず、「顧客に説明すべき重要事項にはあたらない」としているが、入居予定者からは、「不誠実な対応だ」と批判の声があがっている。

このマンションは「ザ・タワーズ・ウエスト プレミアレジデンス」。鉄筋不足は25~30階で見つかった。市川駅南口の再開発事業として建てられ、施工を担当した清水建設(東京都港区)と、三井不動産レジデンシャル(同中央区)、野村不動産(同新宿区)の3社が事業主となっている。実際の販売は、清水建設以外の2社が担当する。全573戸のうち、地権者住宅を除く407戸が分譲マンションで、今年7月から第1期募集(計351戸)を始め、応募倍率が最大15倍となる人気ぶりだった。


記事はコチラ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000207-yom-soci


前にもこのニュースについては書きましたが、ここまで販売業者が必死ってことは本当に今は購買者達を煽って不動産売りつけてる状態なんでしょうね。

しかもこのマンション、市川の駅前とはいえ、えらいプレミア価格ですよね(笑)

正直言って私お金沢山持っててもこんな価格でこのマンション買いませんけど、応募倍率15倍って言うのもホントかどうかかなり怪しいと思います。



とにかくこんなケチのついたマンションを高い金額で売りつける業者って酷いですね~。



不動産業者がこれだけ必死にマンション売りつけようとしているってことは、ホント、今が不動産価格の天井じゃないかしら?
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]