忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

既に沈静化しつつある朝青龍問題ですが、この騒動については気持ち悪いほどのマスコミの一斉砲火に初めから異様さを感じていました。
沢尻エリカの騒動でも触れましたが、ここ最近のマスコミの傾向は『強い者を一斉に叩いて突き落とす』というパターンが意図的に行なわれています。
おかしいと思い始めたのが朝青龍問題でしたけど、実際はそれよりも以前から行なわれていたのかもしれません。

普通の人間の集団の意識からすれば片側だけに寄った感情や思想などありえません。
しかしこの一連の騒動では常に相手を叩きのめす側の意見や主張のみを前面に押し出したものしか出てきていません。

これは異常なことです。

それこそ北朝鮮のような国ならばそういうこともありえましょう。

しかし、ここは日本です。
日本のマスコミは北朝鮮レベルなんでしょうか?


これだけ意思統一された強者叩きは意図的なものでしょう。
誰の意図なんでしょうね。


<朝青龍問題>初診の医師、仮病疑惑を否定「サッカー可能」

10月11日3時3分配信 毎日新聞

腰やひじのけがに加えて精神疾患の「解離性障害」と診断され、母国モンゴルで療養中の大相撲の横綱・朝青龍(26)=高砂部屋=を最初に診察した四日市社会保険病院(三重県四日市市)の森下浩一郎医師(40)が10日までに、毎日新聞の取材に応じた。腰の疲労骨折などを理由に巡業を休んだ横綱が、モンゴルでサッカーをしたことが騒動の発端。朝青龍の疲労骨折を確認した森下医師は「仮病疑惑」を否定した上で、故障直後もサッカーならできる状態だったとの見方を示した。【村社拓信】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000015-mai-spo


そして私としてはこういうマスコミの策略に簡単にはまってしまう人が多いことに驚いています。
全ての人がマスコミにコントロールされてるとまでは言いませんが、かなりの数の人がマスコミの印象操作にコントロールされているのは確かです。

この朝青龍問題では、とにかくマスコミは朝青龍が不機嫌な顔をして歩いている映像を嫌になるほど垂れ流していました。
きっと誰しもが「もういいよ」と思ったことでしょう。
マスコミはそう思わせる為に同じ映像を何度も垂れ流すのです。


この朝青龍問題はある側面では外交問題を含んでいます。
モンゴルの人たちから日本人はなんて気持ち悪い連中だと思われても仕方ありません。


朝青龍が大切な巡業を休んでサッカーをしていたのは確かです。
しかし遊んでいた訳ではなく、モンゴル大統領からの要請でサッカーをしていた訳です。

ここまでアホみたいに騒ぐような問題なのか冷静になって考えてみましょう。


もっと騒がなくてはいけない大事な問題って世の中に沢山あるんですけど、そういうことでは騒がなくて、どうでもいいことで騒ぐのが日本人の特性なんでしょうか?


もしそうだとしたら世界から気持ち悪いと指差されても文句は言えませんね。


とにかく今のマスコミに『報道』なんて名乗る資格は殆どありません。
誰かの意図の下『宣伝』しているだけです。


そうやって『宣伝』が働く世界ですから、誰かが集中砲火をあびている時は誰かの意図が働いていると思った方がいいでしょう。



そしてこういうことが出来る最大の理由はマスコミの『宣伝』に乗せられやすい国民が存在することに他なりません。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
北の湖理事長が朝青龍に指令!11月にけいこ再開を
北の湖理事長が朝青龍に指令!11月にけいこ再開を まあこれで落着かなと。 以前より朝青龍騒動には苦い感想を抱いてましたけどね。 日本のマスコミは朝青龍が大関のときまで持て囃してきたわけですよね。 モンゴルの英雄。そして貴乃花の後継者。相撲界の救世主とね。 元々モンゴルの風潮として強い者は尊敬されて然るべきと思ってるのも相俟って若い朝青龍が調子に乗ってしまうのも無理もないことかと思います。 そして横審が横綱へ推挙。2場所連続優勝という誰にも文句を言われない成績で横綱に。 そして一人横綱を白鵬が誕生する...
URL 2007/10/11(Thu)12:39:39
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]