忍者ブログ
政治家、官僚の嘘、マスコミによる捏造、印象操作、世の中にあふれる様々なものを疑いのマナザシで見つめ、悪い大人に騙されない自主トレーニングを推奨するブログです。
| Admin | Write | Comment |
疑う目を養う本。
ヤフトピ。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
バーコード
いろいろ。
  • seo



あわせて読みたい







Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
プロフィール
HN:
コモモ。
性別:
非公開
カウンター

2007.08.16~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さていよいよカルト弁護団と橋下弁護士の対決が始まりますが、橋下弁護士には最後まで主張を貫いて欲しいですね。

何か自分達に不都合なことがあると圧力かけて黙らそうとする弁護士の存在に疑問を感じます。
日本は法治国家だから法的にひっかかってなければいいんだ!とか言うのなら法の抜け穴を見つけて国民に迷惑をかける詐欺師を何らかわりません。

法と倫理、両方備わってない人が弁護士なんかになるんじゃないと言いたい。
倫理感が無いから被害者を傷つけるようなことが出来るのでしょう。

そして被告につまらない演技をさせて、自分らの政治的野望を実現しようとしているだけにしか見えません。

弁護士はそういう人間ばかりなのだとしたら司法試験から見直してもらいたい。


法廷で嘘を並べてまで刑を軽くしようとする弁護士は犯罪者の共犯にしか見えませんから。



「今枝VS橋下」弁護士対決 光市事件懲戒請求、異例のネット公開

9月27日10時36分配信 産経新聞
山口県光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われた男性被告(26)=事件当時(18)=の弁護団に対する懲戒請求をテレビ番組で呼びかけ、弁護士業務を妨害したとして、今枝仁弁護士ら弁護団のメンバー4人=いずれも広島弁護士会=が橋下徹弁護士=大阪弁護士会=に1人当たり300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日午後、広島地裁(橋本良成裁判長)で開かれる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000903-san-soci




結局はカルト弁護団と言うのは懲戒請求した人達を橋下弁護士に扇動された可哀想な人たちだと見下しているようです。


きっと自分達に都合の悪いことは聞こうとしない人種なんでしょうね。
そして思い込みも激しいから法廷でおかしなシナリオを創り上げてしまうのでしょう。


何故国民がこのカルト弁護団に怒りを抱いているか理解できない以上、辞めて貰った方がいいでしょうね。


理解力が無い人間に弁護士は務まりませんから。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
橋下弁護士のテレビ発言訴訟について
、から引用。 「業務妨害」と非難=橋下弁護士のテレビ発言訴訟−広島地裁 9月27日18時31分配信 時事通信  山口県光市母子殺害事件差し戻し審の被告弁護団に対する懲戒請求をテレビ番組であおったとして、弁護団の4人が橋下徹弁護士に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、広島地裁(橋本良成裁判長)であった。  原告の今枝仁弁護士は、意見陳述で「橋下弁護士の言動は、刑事弁護活動に対する業務妨害」と非難した。  橋下弁護士は法廷には来ず、事前に「テレビ発言と原告の業務が妨害されたこと...
URL 2007/09/28(Fri)00:41:26
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]

Copyright c 疑いのマナザシ#2。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]